2008年04月26日

トラブるの原因は…

080426_1122~01.jpg
トラブルの原因は、バッテリーの初期不良でした。

極稀に放電能力が低いバッテリーがあるそうで、
蓄電電圧が12Vあっても、放電電圧が低いと、
エンジンがかからないそうです。

バッテリーチェッカーで測定すると、
蓄電電圧は12Vあるものの、
放電電圧が6.96Vしかありません。(>_<)

バッテリーの初期不良なので、
新品のバッテリーに交換して解決。
(新車保証でバッテリーと交換工賃、レッカー代も無料)

2週間前に初回点検を受けたばかりで、
先週も乗っていたので、バッテリー上がりは
予期していませんでしたよ。

バッテリーの初期不良は、前兆が
全くなく、突然死するらしい(汗)

サイドスタンドのスイッチが壊れた場合は、
セルが回る事はないとの事。
(キルスイッチONと同じ状態)

ディーラーにあるバッテリーが
あがる直前の同機種のセルをかけて
もらいましたが、セルの音が
弱々しかったです。

ABSの自己診断も終了しない程、
バッテリーが弱ってます。
(これが蓄電、放電ともに弱い状態)

反対にうちのセルは、コンコン叩くように
元気に回っていました。
(これが蓄電能力があり、放電能力がない状態)

これがバッテリーの蓄電能力と放電能力の
違いだそうです。

とりあえず、日程を1日削って明日出発できそうです。

--
posted by はじめ at 12:34| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | K1200S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バッテリーの初期不良っていうのはこんな症状に
なるんですね。勉強になりました。(^_^;)
つぶれてしまったのが、初日だけでよかったですね。
2日目以降は、無事なことをお祈りしています。
Posted by チャッキー at 2008年04月26日 18:26
チャッキーさん、こんばんは。
一時は全日程キャンセルも考えたたので、
潰れたのが初日だけで助かりました。
出先でトラブルより良かったと考えることにします。
チャッキーさんも棚ぼたの休暇を楽しんでくださいね。
Posted by はじめ at 2008年04月26日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。