2007年05月28日

エンジンストールのトラブル改善体験記(洪さん編)

台湾にお住いのK1200S乗り、洪さんより再度メールをいただきました。
今度は文字化けしないように、メール本文をPDF化していただきました。m(__)m

掲載許可についても快諾していただきましたので、みなさんにもご紹介します。
(一部読みやすいように手を加えました)

また今回、日本以外から救いの手を差し伸べていただいたので、
私も海外のオーナーさんのお役に立てるよう
英語版も用意しました。

-------------------------------------------------------------------
はじめさん、こんにちは〜。
私のK1200Sは2006年の1月に納車しました。(生産は05年9月、06年式)
最初の半年くらいは無事でした。
(ゴーストスロットルは2〜3回ありましたが、私は気にしませんでした)

しかし、去年の夏くらいからエンストの症状が発生しました。
うちではK1200SとK1200Rを両方所有していますが、2台とも同じ症状が出ています。
(親父がRを乗っています)

【アイドリング不安定の原因1】
普通、バイクや車のアイドリングは、スロットルボディというパーツで、
アジャストスクリューにて調整されます。

しかし、BMWの新しいKシリーズの横置きエンジンのアイドリングは、
全てコンピュータ制御(BMS-K SYSTEM)に変更されてます。

スロットルボディには、アイドル アジャスト スクリューはありません。
写真K1200S AIR BOX の赤いマークをしたパーツは、アイドリングをコントロールするパーツです。(以下アイドリングバルブ)

アイドリング-1ss.jpg

このパーツはAIR BOX ユニットの中にあります。(写真アイドリング1)

K1200S-AIR-BOX.jpg

白っぽい部分は(写真アイドリング3)は上下に移動して、スロットルが戻る時に
アイドリング用の空気量をコントロールします。

アイドリング-3ss.jpg


もしこのパーツが動かなくなると、アイドリングが高くなったり、低くなったりします。
写真アイドリング2の赤いマークのパーツは、5本のホースと繋がっています。
(06年式では5本、05年式では4本しかありません)

アイドリング-2ss.JPG

アイドリングバルブが動かなくなった原因ですが、
私が思うに多分「アイドリングバルブの汚れ」が原因だと思います。

元々アイドリングバルブとAIR BOX のクリアランスが少ないので、
汚れやゴミが溜まりやすい形状です。

アイドリングバルブ図.jpg

そのため徐々にアイドリングバルブの動作(上下運動)が硬くなり、
スロットルを戻しても回転数が下がらず(アイドリング用の空気量が
コントロールできないため)アイドリングが高い状態が続いてしまいます。

【アイドリング不安定の原因2】
もう1つの原因としては熱によるAIR BOX の変形です。

K1200SのAIR BOX はプラスチック製です。
長時間エンジンの熱で熱せられる影響で、AIR BOX が変形してしまう可能性があります。
この変形が原因でアイドリングバルブの動作が硬くなるのかもしれません。

【対応策】
アイドリングバルブと周辺の清掃でも効果があると思います。

アイドリングバルブは、AIR BOX ユニットの一番下にあります。
AIR BOX ユニットの下にあるため、バラしてアイドリングバルブを取り出すのは大変です。

今年の3月頃にドイツから台湾に対策品のAIR BOX ユニットが送られてきました。
写真AIR BOX-1の上はAIR BOX ユニットの対策品です。

BMWからは何処を改良したかという説明はありませんでした。
しかし私は自分で古いAIR BOX ユニットを比較してみました。

外観は一緒でしたが、アイドリングバルブを入れる穴は少し大きくなっていました。
これなら長時間乗っていて汚れても、アイドリングバルブの動きを損なわないと思います。

しかし、BMWは何故アイドリングバルブの白っぽい部分を小さくしないのでしょうか?
多分この部品はK1200S、K1200R、K1200GTだけで使用されている訳ではありません。
他のBMWモーターサイクルでも使用されていると思います。
(Rシリーズのエンジン左横にも同じバーツが付いています)

BMWとしては、問題があるAIR BOX ユニットに適合する 「K1200S専用のアイドリングバルブ」をいちいち作りたくないのだと思います。
だからAIR BOX ユニット本体を丸ごと交換する「ユニット交換」となります。

【効果】
AIR BOX ユニットを交換して、今まで500kmしか走行していません。
しかし、効果は絶大です!
アイドリングも安定しますし、新車の時からありましたアフターファイヤーも解消しました。
スロットルを戻すと、アイドリングはスムーズに1,100rpmまで下がります。
今までエンストは一回もありません。

以上は、私のK1200Sのエンジンストールのトラブル改善体験です。
AIR BOX ユニット交換以外は何も触りませんでした。
(ECUのバージョンのアップデートもしませんでした)

あとは全てノーマルです。
ご参考にして下さい。

下手な日本語を書きまして、読みにくいかもしれません。
申し訳ありません。
私は仕事の関係で日本語を読む事はできます。(書くのは少し大変)
また不明な点がありましたら、メールを下さい。
宜しくお願いします。

写真K1200Sは私のバイクです。

洪 5月 25日 2007年
-------------------------------------------------------------------

Hajime, hello -.
K1200S of me was delivered in January, 2006.
(Production is September, 05 and 06 models)

It was safe the first half a year.
(Although there were two to three ghost throttles, I did not care)
However, the condition of the engine failure occurred from summer [ last year ] grade.

Although both K1200S and K1200R are owned in inside, the condition with both same sets has come out.
(The father has ridden R)

[Cause 1 of idling instability]
The idling of a motorbike or a car is a part called a throttle body, and is usually adjusted with an adjustment screw.

However, all engine idlings are changed into computer control (BMS-K SYSTEM) every side of new K series of BMW.

In a throttle body, he is an idol. Adjustment There is no screw.
The part which carried out the red mark of photograph K1200S AIR BOX is a part which controls an idling.
(Following idling valve)

アイドリング-1ss.jpg

This part exists in an AIR BOX unit.
(Photograph idling 1)

K1200S-AIR-BOX.jpg

(The photograph idling 3) moves up and down, and a whitish portion controls the air capacity for an idling, when a throttle returns.

アイドリング-3ss.jpg

If this part stops moving, an idling becomes high or becomes low.
The part of the red mark of the photograph idling 2 is connected with five hoses.
(At 06 models, there are only four by 5 and 05 models)

Although it is the cause that the idling valve stopped moving, I think that "the dirt of an idling valve" is probably the cause to consider.

Since there is little clearance of an idling valve and AIR BOX from the first, it is the form on which dirt and garbage collect easily.

アイドリング-2ss.JPG

Therefore, operation (up-and-down motion) of an idling valve becomes hard gradually, and even if it returns a throttle, number of rotations does not fall, but the state where an idling is high will continue (since the air capacity for an idling is uncontrollable).

[Cause 2 of idling instability]
As another cause, it is modification of AIR BOX by heat.
AIR BOX of K1200S is a product made from a plastic.

AIR BOX may change under the influence heated with engine heat for a long time.
It may be that operation of an idling valve becomes hard owing to this modification.

[Measures]
I think that cleaning of an idling valve and the circumference is also effective.

There is an idling valve at the bottom of an AIR BOX unit.
Since it is under an AIR BOX unit, it is serious to take into pieces and to take out an idling valve.

The AIR BOX unit of a cure article has been sent to Taiwan from Germany around March, this year.

Photograph AIR BOX-1 top is a cure article of an AIR BOX unit.
There was no explanation where to have improved from BMW.

However, I compared the old AIR BOX unit by myself.
Although appearance was together, the hole into which an idling valve is put was somewhat large.

I think that it has ridden for a long time, and a motion of an idling valve will not be spoiled even if it becomes dirty if it is this.

However, why doesn't BMW make a portion with a whitish idling valve small?
Probably this part is not necessarily used only with K1200S, K1200R, and K1200GT.

I think that other BMW motorcycles are used.
(The same baht also as the engine left of R series is attached)
An AIR BOX unit with a problem is suited as BMW. He would like to make "the idling valve of K1200S exclusive use" one by one, and I think that there is nothing.

Therefore, it becomes "unit exchange" which exchanges an AIR BOX unit main part the whole circle.

[Effect]
An AIR BOX unit is exchanged and it is running only 500km until now.
However, an effect is greatest!

The idling was stabilized and the after fire which existed from the time of a new car was also canceled.

If a throttle is returned, an idling will fall to 1,100rpm smoothly.
There is no engine failure once until now.

The above is trouble improvement experience of the engine urinal stall of K1200S of me.

Nothing was touched but AIR BOX unit exchange.
(Update of the version of ECU was not carried out, either)

All the back is normal.
Please refer to it.
Poor Japanese may be written and it may be hard to read.
I am sorry.

I can read Japanese due to work.
(For a while [ that it writes ] very much) If there is a point obscure again, send e-mail.

I would appreciate your favor.
Photograph K1200S is my motorbike.
洪 May 25 2007
------------------------------------------------------------
洪さん、情報提供ありがとうございました。
もし間違いがありましたら、お知らせ下さい。

------------------------------------------------------------
私は日本語しか理解できません。
日本語以外でコメントをいただいても、返事ができませんので、ご了承ください。

I can understand only Japanese.
Please understand that a reply is not made even if it obtains a comment except Japanese.
------------------------------------------------------------
posted by はじめ at 23:59| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | K1200S トラブル履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変参考にさせていただきました。
今年1月から部品番号も変わっているようです。
同じく、クラッチスレーブも(随分軽くなっています)
大きなメーカーはこっそり変更するんですね〜。
ディーラーも知らないことが多いようです。
車などもひどく、某T社はOCで異常データーとそれなりの台数が集まって、実走テストしてようやく調査の約束をしてもらいました。しかし、その後の調査結果は明らかになっていません。
異常のあったオーナー個別に対応しました。
Posted by K1200Sライダー at 2007年06月03日 11:01
K1200Sライダーさん、どうもです。
こっそり改修、個別対応がディーラーの基本姿勢のようですね。
我々だけでも情報共有して、メーカーに働きかけて行きましょう。
Posted by はじめ at 2007年06月04日 02:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43186164

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。